FC2ブログ

プロフィール

Sadis子

Author:Sadis子
ヘタレサディスト女のS子です。男性が責められているのを見て興奮するタイプの人間です。このブログは私の妄想と日記や考察、男の写真が多めです。

女王様ではありませんのでどうぞ謙虚にならずにおくつろぎください。コメントやメッセージありがたいのですが、いつも思います。

そんなにかしこまらなくて大丈夫です^q^

リンクフリーです。

カテゴリ

月別アーカイブ

Sadiskoへメール

全ての欄に入力してください。 不具合のご報告を頂いています。 もしこちらから送れない場合、管理人のみ閲覧可能に設定して、ブログのいずれかの記事にコメントしていただければと思います。 返信不要の場合は拍手でも短いメッセージが送れます。

Name:
Email:
Title:
Text:

DLsite Maniax

アフィリエイトなるものです

男性受けのエロゲたち☟ オススメあれば教えてください




--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/08/12 (Thu) 出会い

さて、肝心のSMに目覚めたキッカケです。
近頃普通の会話でSとMどっち?
なんて質問を聞く事が多くなりました。
これは、やるSMの方ではなくて、性格的な事をいっているんですよね。
S子さんはMっぽいね~
なんてよく言われていたので、ちょっと腑に落ちなくて、
そもそもSとMはどんな定義ぞ?と気になって調べたのが
私とSMの出会いでした。

しばらくはSM動画を色々物色していました。
そこでやっと、仮面ライダーのやられシーンを見た時や、
友達にいじわるしていた時のように興奮して
自分の性癖を考えるに至ったのでした。
女の性欲なんて男性に比べれば微々たるものですから
興奮する機会も少ないもんです。
小さい頃から細く長く抱いていた欲求がなんなのか分かって
スッキリしました。

でも同時に普通じゃないんだなーと少しショックを受けました。
自分がどうしたら興奮するのかは分かりましたが
果たして普通の人間関係で実現出来るものなんでしょうか。
それと、自分が手に入れた知識を試してみたくて
出会い系で適当に知り合った男性に試させてもらうことになりました。
我ながら大冒険です。
しかしすぐ飽きました。
いや、性的なことだけのための関係って難しいですよね。
これもまあそのうち色々書きたいと思います。

とりあえず、いかにしてS女になったかという生い立ちは書き終わった。
私の人生くっだらねーなぁ。
くっだらねー画像貼っておきます。
20100302_001.jpg



スポンサーサイト
[PR]

[PR]

生い立ち | trackback(0) | comment(4) |


<<ティムタムの名称 | TOP | 〔提案〕M男ミーツ腐女子・ボーイミーツガール>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

S子さんヒストリー
現在に至りましたか。

自分が何かに興奮する、でもそれが何なのか
意外に見つかるまで紆余曲折
これは私もけっこう同じです。

世間が「SMの世界」というカテゴリーを示してくれて、「ああ、これだったんだ」とわかった感じ。

ところで、ヒーローもので、ちょっぴり興奮したのを思い出しました。もちろん私の場合は、やられかかっているヒーロー側。
あと、ボクシングで連打されてふらふらになってるボクサーや、ライオンに襲われて、ガブリとやられてしまう鹿に自分を重ねて興奮してしまったこともあります。

2010/08/18 22:09 | kaisub [ 編集 ]


http://sadisko.blog27.fc2.com/ 

>kaisubさん
ヒーローもの、kaisubさんもですか!
なかなか出てきませんが悪の組織の女幹部に拷問されてるシーンとか面白かったですね…

自分がどうしてSになったか、思い当たるフシはもっとたくさんあるのですが
いつまでも昔話をしていてもなーと思い現在につなげました。

私も詳しくないですけどボクシング好きです。
興奮とはちょっと違うかもしれませんが
アスリートが鍛えてるところなんかも好きで、怪我とかしてると母性本能がくすぐられるような感じで萌えます。
そういえば動物では興奮したことないのですが
虫なら散々弄びました^^;

2010/08/23 09:56 | S子 [ 編集 ]


 

私もヒーローものに興奮した覚えがありますが、最大の萌えどころは「やられシーン」や「悪の組織の女幹部に拷問されてるシーン」とは少し違っていたような気がします。

バットマンがキャットウーマンに恋心を抱いてしまう流れなど、正義が悪の(エロティックな)魔力に魅入られてしまう心理的駆け引きにM心を掻き立てられました。

いくら強くても、いくら正しくても、いくら賢くても、女性の性的魅力の前には(内心)屈服してしまうという不条理から、男性は逃れられないということを教えられたのでした。

2010/08/23 23:43 | ゆう [ 編集 ]


http://sadisko.blog27.fc2.com/ 

>ゆうさん

バットマン見たことないのでなんとも言えないのですが
うーん女から見た女の魅力と男性から見たのでは
相当違うでしょうね。
嫌がりつつも…っていうのは、やっぱりいいですね。

2010/08/26 03:46 | S子 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://sadisko.blog27.fc2.com/tb.php/30-eb17645d

| TOP |

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

hentai light

S子のtumblr

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。